• ホーム
  • まつげを伸ばしたい人は何を食べるべき?

まつげを伸ばしたい人は何を食べるべき?

2019年10月31日

人間の身体は食べるもので構成されると言っても良いです。筋肉や髪の毛、また美肌のためにはそれぞれ何を食べたらよいのか知る事で、内側からその効果を上げていく事も出来ます。内側からシッカリ栄養を摂取していけば、細胞も活発になりますし食べ物だけではなく生活習慣も見直していきましょう。

ちなみにまつげを伸ばすのに必要な栄養素は、髪の毛と同様なのですがケラチンという成分です。ケラチンはタンパク質を摂取する事で体内でアミノ酸に分解されて作られるものです。まつげにはケラチン、そのケラチンのためにタンパク質を摂ると覚えておきましょう。

ダイエットをしていてもタンパク質は必須なので、意識して摂取している方も多いかも知れませんが、筋肉を作る栄養素としても共通してタンパク質はあげられます。低脂質で高タンパク、さらに野菜も多く摂取する事で美容と健康と両方を兼ね備える食事になっていきます。

具体的にタンパク質が多く手軽に摂取できる食材としては、納豆があります。納豆ならスーパーでもコンビニエンスストアでもすぐに手に入りますし、毎日摂取していくようにしましょう。納豆といえば朝ごはんに食べるイメージがあるかもしれませんが、細胞により作用させるためには夕飯時に摂取すれば睡眠時に成長ホルモンが分泌されるのに関係して、より効果が高いですので夕飯の時に食べるのがお勧めです。

またまつげを伸ばす効果を上げたいのであれば、睡眠はしっかりとるようにしましょう。睡眠は細胞が生まれ変わるのに重要な事ですし、細胞を活発にするというメリットもあります。睡眠時間が少なくなれば、成長ホルモンが十分に分泌されずまつげの成長にも影響が出てくる事も有りますし、できるだけゴールデンタイムと言われている22時から深夜2時までの間にはしっかりと寝ている状態を作っていく事が理想です。

まつげという所だけで見ますとケラチンが重要ですが、まつげの土台となる皮膚の事を考えればビオチンやポリアミンL-シスチンや亜鉛、育毛効果があるヨードなども有効です。これらの栄養素の中にはサプリメントで販売されていてインナーコスメとして摂取することもできます。普段の食事で不足しがちだと思った場合には、サプリメントを使用するというのもオススメです。

しかし身体にはできるだけ食品で摂取していきたいところですし、タンパク質であれば納豆や鶏のささみ、卵なども挙げられますので取り入れてみてください。