• ホーム
  • マツエクやパーマはまつげへの負担が大きい!

マツエクやパーマはまつげへの負担が大きい!

2019年11月29日

まつげを長くボリュームを持たせ、カールもかけたいということであれば、マスカラやビューラーを使ったり、パーマやエクステやつけまをするという方法で綺麗な目に魅せる事が出来ます。これらの方法は物理的には効果も高いですし、美人にかわいく魅せると言った意味での変化はかなりありますが、デメリットはどれも有るのです。

デメリットについてはまずビューラーですが、物理的に持ち上げる方法でカールをつけられたり、メイクの時に自分で簡単に使用することができるのでとても便利です。しかし根元を強力な力で引っ張ることになりますので負担がかかります。またビューラーのゴムを交換していないとなれば、さらにダメージが強くなります。

マスカラも重ね付毛をされる方が多いと思いますが、まつげが傷む原因になりますし、クレンジングの時に強くこすって落としてしまいますとまつげだけではなくまぶたにも負担がかかります。最近ではオイルタイプのクレンジングはこすらずにするすると落ちるタイプもありますが、マスカラ自体文実はまつげに負担をかけてしまいますのであまり使わない方が良いのです。もちろんビューラーと併用する事でさらにダメージは高くなります。

まつげパーマは定期的に利用しなければならないので、髪の毛同様にパーマ液は負担がかかりますし継続していく事でやせ細ったり切れてしまうと言ったデメリットも有るでしょう。

つけまは、まつげ自体にはそこまで負担がかからないとしても、毎日使えば取り外しをする際にひっぱりますのでまつげの土台となる部分には影響がでてきます。剥がす時に皮膚も引っ張って角質も取れてしまうことになりますので、毎日使うのはあまりよくありません。

最後に一番と言っても過言ではないデメリットの大きい方法に、エクステが挙げられます。見た目の印象を変えたりつけまのように取り外しは毎日しないので、すっぴん状態でも自信が持てると言った点ではメリットも有りますし、盛れば印象もかなり変わるので利用されている方は多いです。しかしまつげは確実に痛むことになりますし、サロンに通えば1回あたり数千円はします。メンテナンスも必要なのでコストパフォーマンスの点でも実はあまり良くないと言えます。

きれいに魅せる事が出来ても、まつげへの負担が大きい傷む方法を続けていれば状態は悪くなりますし、どんどん量も減ってやせ細ってきてしまいます。それを防ぐためにはまつ育をして自まつ毛で勝負するのがおすすめです。